単行本
単行本

流行心中

森村誠一

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:1998年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

初冬の江戸で心中事件が続発した。一見、無関係に見える三組の男女の隠された繋がりを追う祖式弦一郎。人気捕物帳シリーズ第六弾

担当編集者より
表題作は十一月に江戸で発生した連続心中事件の謎を解明するお話。十一月はさしたる催しがない代わりに、江戸の庶民は美食を楽しむとか。作品中で紹介される味覚は、屋台に風鈴を吊るした風鈴蕎麦屋に始まり、おでん屋、茶飯に葛かけ豆腐を添えた茶飯あんかけ屋。食卓には鮟鱇(あんこう)鍋や河豚(ふぐ)汁、軍鶏(しゃも)鍋などが上り、なまじしきたりがうるさい武士や僧侶より、よほど多彩な食生活を謳歌していたそうです。そんな楽しい蘊蓄(うんちく)も時代小説の楽しみの一つではないでしょうか。(AK)
商品情報
書名(カナ) ハヤリシンジュウ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年09月20日
ISBN 978-4-16-317960-5
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く