単行本
単行本

紙の爆弾

出久根達郎

  • 定価:本体2,095円+税
  • 発売日:2000年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

波乱万丈! 謎が謎を生む、現代版講談冒険小説!

謎のリストの正体を追ううちに、戦時中のプロパガンダと松代大本営建設の裏側に行き当たった古本屋達の運命や如何に。傑作長篇

担当編集者より
「紙の爆弾」とは、敵の戦意をくじくために戦時中製作されていた伝単(宣伝ビラ)のこと。〈戦争をやめて家に帰りましょう〉〈故郷で彼女が君を待っている〉など、様々な文面が工夫されたといいます。平成の世になってひょんな拍子にこの伝単を手にしたことから、著作権買収の陰謀、建設業界の闇、果ては松代大本営建設に関わる歴史の暗部まで覗くことになる古本屋たちの活躍を描いたのが、出久根達郎さんの現代版講談冒険小説ともいうべき最新長篇『紙の爆弾』です。妙な登場人物たちが織りなす、波瀾万丈の物語をお楽しみ下さい。(TM)
商品情報
書名(カナ) カミノバクダン
ページ数 376ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2000年01月20日
ISBN 978-4-16-318920-8
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く