作品紹介

江戸の町を震撼させる辻斬り“紅毛天狗”の正体は?

猖獗を極める辻斬り。被害者は錐のような細長い凶器で刺殺されていた。現場に残された紅毛から下手人を追い詰める弦一郎の活躍

担当編集者より
五月のころから江戸の町に辻斬りが流行った。たまたま現場を目撃した者が、辻斬りは目が青く光り、髪が燃えるように赤く、鼻が高かったと語ったことから、その正体は天狗ではないかという噂がたつ。一方、廻船問屋渡海屋の年季奉公が明けて、郷里に戻ってくるはずの娘が姿を消したことから、娘の恋人が騒ぎだした……。同心・祖式弦一郎の飛燕一踏流は、天狗の魔剣を破れるか?ますます快調な捕物帳シリーズ最新刊。(HT)
商品情報
書名(カナ) コウモウテング
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2001年03月10日
ISBN 978-4-16-319910-8
Cコード C0293

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く