作品紹介

陰陽師フルカラー絵物語第三弾がついに登場!

他の女に心変わりした男を恨んだ徳子姫は丑の刻参りの末に生成りの鬼になった! 美しい総カラー絵物語。舞踊劇版の脚本も特別収録

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
『陰陽師 付喪神(つくもがみ)ノ巻』に収録されている「鉄輪」が総カラーの絵物語になりました。好きな男・藤原為良が心変わりしたため、徳子姫は為良を恨み、丑の刻参りをして取り殺そうとします。そこで彼は晴明と博雅に助けを求めます! この物語に美しくも妖しい村上さんの絵をふんだんに盛り込みました。さらにこのお話をベースにし、夢枕さんが脚本を書いた舞踊劇「鉄輪恋鬼孔雀舞(かなわぬこいはるのパヴアーヌ)」が六月に上演されます。この脚本も特別収録。「鉄輪」がどんな舞踊劇になったのか? どうぞお楽しみに。(TK)
商品情報
書名(カナ) オンミョウジカナワ
ページ数 160ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 上製 並製カバー装
初版奥付日 2005年06月10日
ISBN 978-4-16-324040-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く