単行本
単行本

解読「謎の四世紀」崇神・ヤマトタケル・神功皇后・応神の正体

小林惠子

  • 定価:本体1,571円+税
  • 発売日:1995年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

大好評小林古代史第六弾!欠史八代の謎、崇神と任那、四道将軍の真実、新羅王子天の日槍、ヤマトタケル、神功皇后と応神ほか

担当編集者より
大好評「小林古代史」第六弾の表紙カバーは、戦前まで五月端午の節句によく飾られていた、神功皇后と後見役の武内宿祢、その宿祢に抱かれる赤ちゃんの応神天皇の三人揃いの武者人形です。人形探しには苦労しましたが、結局、人形の吉徳の資料室からお借りすることができました。ヤマトタケルとともに、この本の主要な登場人物である三人について、実は日本書紀に述べられている姿は仮の姿、その実相は……という、小林さんの謎ときをタップリ楽しんでから改めてこの人形を見ると、また違った表情を見せてくれるから不思議です。(U)
商品情報
書名(カナ) カイドクナゾノヨンセイキ スジンヤマトタケルジングウコウゴウオウジンノショウタイ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1995年09月15日
ISBN 978-4-16-350610-4
Cコード C0021

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く