単行本
単行本

興亡古代史東アジアの覇権争奪一〇〇〇年

小林惠子

  • 定価:本体2,571円+税
  • 発売日:1998年10月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

膨大な中国史料、「三国史記」「三国遺事」等の朝鮮史料と「記紀」を比較検討し通説を論破。知的刺戟に満ちたダイナミック日本古代史

担当編集者より
代表的日本人として一万円札を飾った聖徳太子が、実は中央アジアの遊牧民・西突厥可汗(王)だったという『聖徳太子の正体』で古代史ファンの“ど胆”をぬいて以来、小社刊行の小林古代史本は計七冊。「ぜひ日本古代通史を!」とのファンの熱い要望に応えて書下したのが、堂々千枚の本書です。卑弥呼以前から持統朝まで、「記紀」と中国史書、朝鮮史料を比較検証しつつ解き明かした千年は、通説の90%を覆す衝撃の“事実”の連続です。乞うご期待!(FT)
商品情報
書名(カナ) コウボウコダイシ ヒガシアジアノハケンソウダツセンネン
ページ数 480ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1998年10月10日
ISBN 978-4-16-354430-4
Cコード C0021

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く