単行本
単行本

夜と女と毛沢東

吉本隆明 辺見庸

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:1997年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

片や思想界の巨人、片や元大記者にして芥川賞作家。オウム事件、中国、資本主義の行方、性そして死を、体験談を交えて白熱討論

担当編集者より
対談集といえば馴れ合いのものがほとんどだとお嘆きのあなたに、本物のヒリヒリ、バリバリ格闘対談をお贈りします。テーマは中国、アジア、オウム事件、女性、死、消費資本主義と硬軟多様。吉本さんが「毛沢東が好きになった」と画期的な発言をすれば、辺見さんが「吉本さんは女を買ったことありますか?」と大胆不敵な質問。吉本さんの臨死体験や辺見さんの退社体験・山谷体験も披露されます。(MT)
商品情報
書名(カナ) ヨルトオンナトモウタクトウ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1997年06月30日
ISBN 978-4-16-353010-9
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く