単行本
単行本

昭和史20の争点 日本人の常識

秦郁彦・編

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:2003年10月

作品紹介

過去は清算されたのか?

満州国、南京事件から昭和天皇の戦争責任、戦後教育まで、ここ数十年常に蒸し返されてきた不毛な論争に気鋭の論者が終止符を打つ

担当編集者より
長引く「平成不況」。そのせいか、いま昭和史に熱い視線が注がれています。過去を正しく認識しなければ、今日の多様な問題に対処することはできないということでしょう。本書は南京事件、創氏改名から戦後補償、歴史教科書問題にいたるまで、未決着とみなされている昭和史上の二十の争点に実証的な検討を加え、不毛な論争からの脱却と歴史認識の土台となる共有のスタートラインを築くために編まれました。明日を拓く糧となれば幸いです。(TY)
商品情報
書名(カナ) ショウワシニジュウノソウテンニホンジンノジョウシキ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2003年10月10日
ISBN 978-4-16-365340-2
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く