文春新書

司馬遼太郎に日本人を学ぶ

森 史朗

  • 定価:本体890円+税
  • 発売日:2016年02月19日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

初めて親しむ司馬作品は、この順で読め!

歴史小説の大家として知られる巨人・司馬遼太郎。膨大な作品群を前に途方にくれる若い世代のため、良きガイドが登場した。著者は、作家最後の手紙を受け取った元担当者にして、戦史研究家でもある。
60万冊に及んだ蔵書の買いっぷり、史料を読み進める脅威のスピード――間近で目撃した司馬伝説を織り交ぜながら、代表作をわかりやすく解説。道に迷わず司馬作品を読み進めるコツを紹介する。

まずは、『燃えよ剣』から始めよう。土方歳三を初めて人間らしく描いたこの作品には、何よりも小説家でありたかった、という作家の本領がイキイキと発揮されている。
そして、幕末から明治へと作品を読み進み、最後に「なぜ昭和史を書かなかったか」という大きな謎に、初公開エピソードで迫る。


日本人とは一体何者か。
戦場で浮かんだ問いを胸に、22歳の戦車兵だった自分への手紙として作品を紡ぎ続けた作家。日露戦争については、「よくやった過去というものは、密かにいい曲を夜中に楽しむように楽しめばいい」と語り、一方で、ついに太平洋戦争を歴史小説では書かなかった。

歴史を大きな俯瞰で捉えた作品群は、何度読んでも新しい日本人像を提示してくれる。その本質に鋭く迫るガイドブックを頼りに、国民が誇るべき貴重な財産に触れよう。

商品情報
書名(カナ) シバリョウタロウニニホンジンヲマナブ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2016年02月20日
ISBN 978-4-16-661065-5
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く