作品紹介

深い見識、屈指の名文とユーモア。「文藝春秋」巻頭随筆第二弾

深い見識と屈指の名文で昭和を、日本語を語り、世相を論じる。国を愛し憂うるが故に、時に厳しく時にホロリと、現代に必読の名随筆

担当編集者より
昭和天皇ハワイ訪問時の逸話にホロリとし、娘・佐和子さんの日本語の誤りを嘆く。また、日本外交のふがいなさを憂い、「女王陛下にキスされた話」では国の品格を思う(キスされたのが誰かは本文をご覧ください)。歴史への洞察と、深い見識、そして屈指の名文とユーモア。好評の「文藝春秋」巻頭随筆、第二集。
商品情報
書名(カナ) ヒトヤサキイヌヤサキ ゾクヨシノズイカラ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年07月10日
ISBN 978-4-16-714608-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document