作品紹介

著者自身の一家をモデルにした畢生の感動大作

満洲で暮す森田家の運命は敗戦とソ連軍の侵攻で一気に暗転した。極限状態の中、家族の愛を貫くために夫は、妻は——。感動の長篇

担当編集者より
この小説は、なかにしさんご自身の物語です。昭和9年、満洲の牡丹江に渡り酒造業を始めた父親は、関東軍の引きもあって大成功します。しかしその栄華は、満洲国という幻の上に成り立ったものでした。昭和20年8月9日、突然のソ連軍の侵攻で、すべては瓦解します。父は収容所に送られ、母は二人の子供を連れ必死に逃げます。この時の小学一年生が、なかにしさんご自身の姿なのです。家族の運命の転変と戦争の悲劇を描く渾身の感動巨編です。(MK)
商品情報
書名(カナ) アカイツキ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年06月10日
ISBN 978-4-16-715209-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く