文庫
文庫

文春文庫

とりかえばや物語

田辺聖子

  • 定価:本体600円+税
  • 発売日:2015年10月09日
  • ジャンル:歴史・時代小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

男の子みたいな姫君と、女の子みたいな若者が繰り広げる痛快平安ラブコメディ

都で評判の権大納言家の凛々しい若君・春風と、美しくたおやかな姫君・秋月。実はこの異母兄妹、春風は姫君で、秋月は若君。「ああ、このふたりをとりかえられたらな・・・・・・」という父・権大納言の願いもむなしく、ついに二人は正体を隠して宮中デビュー!!春風は帝のおぼえめでたく出世街道まっしぐら、秋月は女東宮の尚侍として寵愛され後宮の花となって・・・・・・偽りの生活はどこまで続くのか!?

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
田辺聖子さんの「とりかえばや物語」を初めて読んだのは高校生のころ。今から30年くらい前です。あまりのおもしろさに、その後、ライトノベル化されたり少女マンガ化されたりしていますが、田辺バージョンに匹敵する作品は現れていないと思います。大好きな田辺さんの古典文学の現代語訳を甦らせることができたこと、夢のようです。
目次
第1章 ふうがわりなきょうだい
第2章 いつわりの結婚生活
第3章 狂おしい夏
第4章 男ごころ女ごころ
第5章 男の決意
第6章 さまざまな恋のゆくえ

あとがき
解説 人生を選ぶ女 里中満智子
商品情報
書名(カナ) トリカエバヤモノガタリ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2015年10月10日
ISBN 978-4-16-790469-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く