単行本
単行本

上野介の忠臣蔵

清水義範

  • 定価:本体1,238円+税
  • 発売日:1999年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

隠居の日を楽しみに奮励する上野介の悩みは、最近人の名前を思い出せないことだ。好漢清水一学の恋もからめた討たれる側のドラマ

担当編集者より
愛知県吉良町を訪れ、吉良上野介と清水一学の墓参りをしてきた清水さんは観光案内の「お気の毒なお殿さま」という語句に、名君が日本史上随一の大悪党に仕立てられてしまった地元の無念をひしひしと感じたそうです。世論に追いつめられ、ついに幕府にも見捨てられてしまう吉良を説得力をもって描く面白さ抜群の、新しい忠臣蔵。清水さんのイメージキャストは上野介=橋爪功、一学=草【弓+剪】剛だそうです。(HT)
商品情報
書名(カナ) コウズケノスケノチュウシングラ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年02月20日
ISBN 978-4-16-318330-5
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く