作品紹介

日本で最も信頼のおけるTV批評第5弾!

21世紀に入っても相変らずスットコなTV界。小柳ゆきも花田憲子もケイン・コスギも、明日はあるのか!? 絶好調のシリーズ第5弾

担当編集者より
お待たせしました。今年も週刊文春連載、日本最高のテレビ批評「テレビ消灯時間」の最新版が出ます。今回の目玉商品は……君が代を歌う小柳ゆき、歌う高島礼子、新展開を見せる「ケイン物語」、なぜか修正に成功した郷ひろみ、ピン子流おもしろ、和田アキ子「ご託宣」など、ナンシー画伯のペンと彫刻刀の切れ味はとどまるところを知らず。毎年見るか見ないかの葛藤が綴られる「27時間テレビ」ですが、果たして今年はどうだったのか!?(FY)
商品情報
書名(カナ) ウテンジュンエン
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2001年10月30日
ISBN 978-4-16-357840-8
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く