作品紹介

小池真理子氏と川上弘美氏を選者に迎えた、女性作家の名随筆アンソロジー第六巻。第五巻と同日発売。われわれが持つ「宇野千代」のイメージは「私何だか死なないような気がするんですよ」と色紙に書く、晩年の不死身な様子であるが、実は、同時代の大文学者・谷崎潤一郎や小林秀雄をこよなく尊敬し、生涯小説修業に励んだ一途な作家であった。尾崎士郎、東郷青児、北原武夫らとの情熱的な恋愛も見逃せないし、戦後売れに売れた「スタイル」編集長としての顔もある。この一冊で「宇野千代」の軌跡を辿ることができる。初の芥川賞女性選考委員(1987~1997年)・大庭みな子は詩情あふれる文章で、生き生きとした女と男の関係の回復を訴え続けた。その原始的ともいえる性の讃歌は、原爆投下後の広島で、死体を運び出す役割をした女学生の頃の、人間と世界に対する絶望から始まっていた。選者による巻頭エッセイと、研究者による解説、略年譜付き。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
小池真理子さんが直木賞を受賞した時、芥川賞選考委員だった大庭みな子さんの黄色いロングドレス姿に強い印象を受けたそうです。「詩人の感性と女性らしい理知を備えた作家」大庭さんは、今回作品を読み直して、ますます小池さんにとって憧れの作家となったそうです。宇野千代さんは、大戦や会社倒産など、惨憺たる目に遭っているのに、「いやだったこと」は殆ど書き残しておらず、書き続けたのは愛した男たちのことでした。(HK)
商品情報
書名(カナ) セイセンセンジョセイズイヒツシュウ ダイロクカン ウノチヨ オオバミナコ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 変型
初版奥付日 2012年06月10日
ISBN 978-4-16-640260-1
Cコード 0395

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く