新書
新書

文春新書

彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか昭和陸海軍の失敗

半藤一利・秦 郁彦・平間洋一・保阪正康・黒野 耐・戸高一成・戸部良一・福田和也

  • 定価:本体740円+税
  • 発売日:2007年12月18日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか?

昭和の陸海軍の人材を語ることによって見えてくる、日本型組織の弱点!! 「文藝春秋」で大反響を呼んだ話題の座談会を収録

担当編集者より
「文藝春秋」で大反響の二つの座談会『昭和の陸軍』『昭和の海軍』が一冊になって登場! 八人の識者がその組織と人材を語ることによって見えてきたのは、「派閥抗争が改革をつぶした」、「良識派は出世できない」、「成功体験の驕りと呪縛」等々。サブタイトルになっている疑問は、“国家”を“会社”に置き換えると、そのまま現代にも当てはまる事例ばかり。いまこそ歴史に学べ!(KY)
商品情報
書名(カナ) カレラハナゼコッカヲハメツノフチニオイヤッタノカ ショウワリクカイグンノシッパイ
ページ数 240ページ
初版奥付日 2007年12月20日
ISBN 978-4-16-660610-8
Cコード 0231

著者

平間 洋一

戸部 良一

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く