文庫
文庫

文春文庫

菊籬

宮尾登美子

  • 定価:本体505円+税
  • 発売日:1998年01月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

農家の嫁としての経験が生み出した処女作「村芝居」から円熟期まで宮尾文学の源流をなす名品集「彫物」「金魚」「自害」「水の城」「村芝居」「千代丸」「菊籬」「宿毛にて」収録。(藤田昌司)

商品情報
書名(カナ) キクマガキ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 1998年01月10日
ISBN 978-4-16-728706-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く