作品紹介

神風特攻隊の先駆けとなった若者たち

レイテ島沖で米空母に体当りをし、若い命を閉じた神風特別攻撃隊敷島隊の五人の若者たちは、何を思い、いかに生きようとしたのか

担当編集者より
昭和十九年秋、五人の特攻隊員たちが比島マバラカット基地を飛び立った。彼らは三度引き返し、四度目にレイテ島沖でその若い命を閉じた。隊長の関行男は二十三歳、残る四人の隊員たちは二十歳前後の若者であった。米空母に体当り突入を敢行し、みずからの肉体を四散させた五人の若者たちは、最後の出撃にいたるまでの残された時間の中で何を思い、いかに生きようとしたのか。五年の歳月を費やし、新事実を駆使して描かれた名著。(SO)
商品情報
書名(カナ) カイグンタイイセキユキオノショウガイ シキシマタイノゴニン
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年07月10日
ISBN 978-4-16-765673-7
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く