文庫
文庫

文春文庫

戦争と国土司馬遼太郎対話選集6

司馬遼太郎

  • 定価:本体590円+税
  • 発売日:2006年08月03日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

司馬遼太郎も70年代も早いうちから、ノモンハン事件の調査をはじめていた。彼自身が戦車兵であったという経験に加え、その貧弱な攻撃能力、防禦能力の更新を怠ったままソ連軍の機械化舞台と戦った日本軍の構造、とくに関東軍参謀たちの奇怪なビヘイビアに近代日本社会の深刻な問題点が集中してあらわれたと考えたからである。そしてそのような致命的弱点は、70年以降の戦略なき日本、義務なき権利や規律なき自由の横行する経済原理一本槍の日本社会の内部に保存されていると見たからである(解説・解題 関川夏央より)。

経済敗戦の中で語る「日本人への遺言」など8篇を収録。

目次

ノモンハン、天皇、そして日本人 アルヴィン・D・クックス

日本人と軍隊と天皇 大岡昇平

「敗戦体験」から遺すべきもの 鶴見俊輔

日本人の狂と死 鶴見俊輔

日本の土地と農民について 野坂昭如

現代資本主義を掘り崩す土地問題 松下幸之助

土地は公有にすべきもの ぬやま・ひろし

日本人への遺言 田中直毅

「ひとびとの跫音」に耳を澄ます 解説・解題 関川夏央

担当編集者より
司馬遼太郎がノモンハン事件の調査を始めたのは、彼自身が戦車兵であった経験に加え、貧弱な能力のままソ連軍と戦った日本軍の構造と関東軍参謀の行いに、近代日本の問題点が表れていると考えたからである。その致命的な弱点が変わっていないことを70年代以降の社会に読み取り、「日本人への遺言」を語り続けた8篇を収録。
目次
目次

ノモンハン、天皇、そして日本人 アルヴィン・D・クックス

日本人と軍隊と天皇 大岡昇平

「敗戦体験」から遺すべきもの 鶴見俊輔

日本人の狂と死 鶴見俊輔

日本の土地と農民について 野坂昭如

現代資本主義を掘り崩す土地問題 松下幸之助

土地は公有にすべきもの ぬやま・ひろし

日本人への遺言 田中直毅

「ひとびとの跫音」に耳を澄ます 解説・解題 関川夏央
商品情報
書名(カナ) センソウトコクド シバリョウタロウタイワセンシュウ ロク
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年08月10日
ISBN 978-4-16-766326-1
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く