新書
新書

論争 教育とは何か

中曾根康弘 西部邁 松井孝典 松本健一

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:2002年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

最高の論客四人が二十一世紀の「坂の上の雲」を探す

教育基本法改定、アメリカニズムの払拭、文化と伝統に根ざす共同体再構築、小泉改革への期待と批判……縦横無尽に現代日本を語る

担当編集者より
混迷をきわめる日本。政治が、経済が、外交が、そして社会が、これほどの惨状を呈するとはいったいどういうことなのでしょうか。政治家、経済学者、地球物理学者、歴史家の四人が、この状況に真正面から向き合い、真摯な討論を繰り広げ、事態を根本的に打開する道を探りました。その結果、話題は必然的に教育に収斂します。二十一世紀の日本を本当に変えるための教育はどのようにあるべきか。四人と一緒に考えてみませんか。(AM)
商品情報
書名(カナ) ロンソウキョウイクトハナニカ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2002年05月20日
ISBN 978-4-16-660249-0
Cコード C0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く