2016.06.01 更新情報

尾崎世界観(クリープハイプ)慟哭の初小説『祐介』が発売されます!

「尾崎世界観(クリープハイプ)慟哭の初小説『祐介』が発売されます!」をはてなブックマークに追加

2012年4月にアルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャー・ デビューして以来、「文学性が高い歌詞を書く」と評され続け、若い世代を中心に熱狂的に支持されているロック・バンド、クリープハイプ。

そのほとんどの作詞作曲を手掛けるフロントマン・尾崎世界観の待望の文壇デビュー作 『祐介』(本体:1,200円+税)を6月30日(木)に刊行します。

「俺は、俺を殴ってやろうと思ったけれど、どう殴っていいのかがわからない」 (本文より)

スーパーでアルバイトをしながら、いつの日かスポットライトを浴びる夢を見る売れないバンドマン。ライブをしても客は数名、メンバーの結束もバラバラ。 恋した相手はピンサロ嬢。どうでもいいセックスや些細な暴力、逆走の果てにみつけた物は……。

尾崎祐介(本名です)が尾崎世界観になるまでの“半自伝的”ともいえる、たったひとりの誰かを救う物語です。

ご期待ください。『祐介』特設サイトではサイン会やイベント、企画などの案内もおこなっていきます。

特設サイトURL : http://books.bunshun.jp/sp/yusuke 

クリープハイプオフィシャルサイト : http://www.creephyp.com/