単行本

ピックアップ

  • 合戦が始まる。敵の名は、借金

    幕末期、赤字に喘ぐ大野藩。内山七郎右衛門は藩主の土井利忠と共に藩政改革を断行し、財政を立て直そうとする。新感覚歴史経済小説!

    わが殿 上

    2019年11月27日発売1,400円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 笑って泣いて、江戸の経済エンターテイメント!

    計画倒産を企む先代に借金を背負わされた若き大名。御家と故郷を守ろうと必死に足掻く健気な姿に、人だけでなく七福神も手助けを!?

    大名倒産 上

    2019年12月06日発売1,600円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 著者の本領発揮! 笑って泣ける大阪キャバレー物語

    ねえさんのため、このキャバレーは潰させない――。昭和から平成、時代を超えて二人のホステスが織りなす温かくも切ない共同生活。

    グランドシャトー

    2019年11月14日発売1,600円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 没後五年。養女による初の手記

    最後の十七年間を支えた著者が、健さんの肉声を元に綴る、出逢い、二人の生活、撮影秘話……初めて明かされる素顔。

    高倉健、その愛。

    2019年10月30日発売1,600円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 絶妙な毒とユーモアで贈る、待望の連作短編小説

    新婚早々見合い結婚した夫を亡くし、悲劇の未亡人というレッテルを貼られたイオリ。悲しむこともできず、夫の遺骨と暮らし始めるが。

    はんぶんのユウジと

    2019年10月25日発売1,450円+税

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
今週のプレゼント

文藝春秋BOOKS をフォロー