なぜ「最後の喜劇王」志村けんは批評されてこなかったのか――演劇史からドリフを考える
「なんのために高い家賃を払うのか? 馬鹿らしい」トカイナカ生活を始めて幸せをつかんだ話
エマニュエル・トッド、磯田道史が“衝撃”を受けた「日本の歴史人口学の父」速水融とは
日本史は「暗記しなければならないことばかりで退屈」という人に、本郷和人さんが伝えたい日本史を楽しむコツ
女性の生の可能性を広げるために、フェミニズムは何をしてきたのか?
安部龍太郎、門井慶喜、畠中恵、3人の人気作家が、作家としての「秘伝」を惜しみなく公開
ロシアのウクライナ侵攻の背後で戦われていたのは、アメリカとロシアの「情報戦争」だった!
「もっと早く教えてもらわないと困ります」不妊治療外来で、患者さんが産婦人科医に聞きたかった「本当に大事な妊娠の話」
「このご結婚は終わりじゃない」なぜ秋篠宮家関係者は、小室夫妻のご結婚で嘆息したのか
痩せられないのは糖質が原因? 気づかずに重症化しているあなたの「糖質中毒」

新書

ピックアップ

  • 〈気候変動時代〉における食の文明史的スケールの危機とは?

    人工肉からワクチンレタスまで、フードテックの裏側で何が起こっているのか? 「食と農」の危機を暴き、未来への道筋を示す本。

    ルポ 食が壊れる

    2022年12月16日発売990円(税込)

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 戦争の虚と実。世界はどこへ向かうのか?

    時々刻々移りゆく戦況を睨みながら、ロシアによるウクライナ侵攻の背景、戦争のある日常、今後の世界秩序の行方を立体的に眼差す。

    ウクライナ戦争の200日

    2022年09月20日発売935円(税込)

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 戦争を仕掛けたのはプーチンでなく米国だ

    ウクライナを武装化してロシアと戦う米国によって、この危機は「世界戦争化」している。各国の思惑と誤算から戦争の帰趨を考える。

    第三次世界大戦はもう始まっている

    2022年06月17日発売858円(税込)

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 痩せられないのは意思のせいではない!

    どうして人は太ってしまい、またなぜ痩せられないのか。それは脳が糖質に侵された中毒だから。そこから脱却する最終の方法を伝授!

    糖質中毒

    2022年01月20日発売858円(税込)

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
  • 人生の達人の心に沁みる154のことば

    今年、惜しくも世を去った名女優が語り尽くした生と死、家族、女と男…。それはユーモアと洞察に満ちた希林流生き方のエッセンス。

    一切なりゆき

    2018年12月20日発売880円(税込)

    icon立ち読み
    icon詳細を見る
\話題の本が当たる!/メルマガ読者限定プレゼント

文藝春秋BOOKS をフォロー