作品紹介

人気ドラマ「やすらぎの刻~道」。いよいよ大団円へと向かう「老い」の物語は、それぞれの過去の栄光と現実を映し出す。名脚本家と、実際に役を演じた大スターあわせて17人にインタビュー。その実人生から紡ぎだされる至言、ドラマの中の名言をお届けする。

目次
・「やすらぎの刻」 相関図

○倉本聰 インタビュー
「『人間の命の価値は何よりも尊い』と言うけれど……
その尊さの意味を改めて考える時期に来ていると思います」

○石坂浩二 インタビュー
「『やすらぎの刻~道』になって、男の老いと女の老い
その本質的な違いがテーマになっている」

○浅丘ルリ子 インタビュー
「子供や孫がいなくても、私は孤独ではないわよ。
ひとりの時間は寂しくないし、必要な時間なんです」

○大空眞弓 インタビュー
「桂木夫人は演じていて楽しい役。
実際に側にいると困っちゃいますけどね(笑)」

○丘みつ子 インタビュー
「“カッコいいおばあちゃん”になるために
このドラマを参考にしていただけると嬉しい」

○加賀まりこ インタビュー
「孤独は受け入れて、かみ砕いて、消化する。
それが私の孤独との付き合い方」

○インタビュー集
・笹野高史
・ジェリー藤尾
・橋爪功
・藤竜也
・風吹ジュン
・松原智恵子
・水野久美
・ミッキー・カーチス
・山本圭

○追悼 八千草薫 がん闘病手記
「ちょっとだけ無理をして生きたい」

・ アンケート企画 「やすらぎの郷 La Strada」が実際にあったら入りたいですか?

・「やすらぎシリーズ」 解説とあらすじ

・「やすらぎシリーズ」名場面

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る