作品紹介

驚異の新人による超異色デビュー作!

ホーエンハイム教授の別荘に招待されたゼミ生たちを襲う連続殺人。「雪山の山荘」の殺人劇がついに到達した驚天動地の結末とは?

担当編集者より
R大学史学科のホーエンハイム教授は自らの退官記念にゼミ生たちを軽井沢近郊の狗神窪(いぬがみくぼ)にある邸宅に招待した。だが、豪雪に降り込められた邸宅の中で、使用人のフリッツが惨殺されたのを皮切りに次々と殺人が行われる。心理学を専攻する学生・夷戸(いど)は謎を解明するため、必死の探索を始めるが……。典型的な「吹雪の山荘」シチュエーションで進む物語が、やがて奇怪な歪みを孕(はら)み始め、ついに驚天動地の結末に。本格ミステリとホラーの2つの要素を巧みに操り、謎と恐怖のタペストリーを描きあげた、驚異の新人のデビュー作です。『葉桜の季節に君を想うということ』『イニシエーション・ラブ』の愛読者は、次はぜひこの作品を読んでください。(AK)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る