作品紹介

暴言王の治世でテロ・暴動・デモに揺れるアメリカを、今度はセクハラ・スキャンダルが直撃! いったいどうなるの? 北朝鮮のリトルロケットマンとの危ない舌戦もあり、内憂外患おびただしい大国アメリカのいまを笑いとともに現地から紹介する人気シリーズ2018年版。
もちろん澤井健画伯のイラストも完全収録!(表紙が何のパロディかすぐにわかったあなたは映画ファン? 裏表紙は本書を手にとってどうぞ)

本書収録の発言・用語の一部
This administration in running like a fine-tuned machine.
(私の政権はよくチューンされたマシンのように機能している by トランプ大統領)
Even Hitler didn't use chemical weapons.
(ヒットラーですら化学兵器は使わなかった by ショーン・スパイサー報道官)
Don't Look Back in Anger. (怒りを込めて振り返るな)
Happy 4th of July to everyone,including the haters and losers!
(独立記念日おめでとう。トランプ嫌いも負け犬たちも! by トランプ大統領)
Casting Couch (キャスティング・カウチ=キャスティングと引き換えに性行為を強要すること)
I'm drawing in the sand a line:you're either for or against.
(オレかトランプか決めろ by エミネム)
#MeToo (わたしもセクハラされました)
Snowflake (雪の結晶。ゆるふわ世代)
Shithole 、Boober 、Little Limp Dick (意味は本書で!)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る