作品紹介

「今や、メディアは政治を論じるのではなく、政治を消費している」
と憂える御厨貴さん。
行動派の政治学者であり、
TBSテレビ「時事放談」の司会者としても知られる。

「オーラル・ヒストリー」の第一人者として、政治家や官僚たちから証言を引き出し、
官邸や歴代首相の私邸を訪ね歩いて、政治的意思決定の現場を分析する。
東日本大震災後の「復興構想会議」や、
天皇陛下の「公務の負担軽減等に関する有識者会議」の座長代理も
つとめてきた。

そんな著者が、時代を見抜く目を養う
〝御厨流政治道場〟を開講!

【本書より】
・安倍政権は「やってる感」の政治である
・災害が常態化した日本に必要な視座とは
・「天皇生前退位」の道を拓いた有識者会議
・明治・昭和・平成の三十年を比べてみると
・なぜ平成の役人は公文書を廃棄するのか
・私人として沖縄問題に臨んだ「開発天皇」
・「権力の館」を映像化して見えてきたこと
・野中広務、堤清二、中村隆英、岡崎久彦、西部邁、佐藤誠三郎、粕谷一希……
縁深く懐かしき人々の肖像

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る