作品紹介

「メーカーズシャツ鎌倉」(通称、鎌倉シャツ)は立ち上げから25年で年間70万着以上を売り上げるシャツ屋となった。いまや、ニューヨーク、上海にも出店、海外でも支持される数少ないメイド・イン・ジャパンのアパレルだ。

創業者の貞末良雄氏はいかにして、この成功をつかんだのか?

1つめの要因は、一世を風靡したVANに勤めた経験だ。カリスマ社長の石津謙介からファッションの神髄について直々に教えを受けた上に、倉庫担当として、在庫管理のノウハウを身につけた。

2つめは、不可能を可能にする信念である。創業当時、1着4900円という価格も、年間30万着という売り上げ目標も、だれも本気にはしなかった。ニューヨーク出店の際には、現地の不動産屋から止められさえした。しかし貞末氏は、どんなに反対されても知恵と人脈を総動員して、信念を貫き通した。

そして3つめは、二人三脚で事業拡大をした妻の存在である。販売面では彼女の社交性が武器となり、ニューヨーク店も彼女が事実上の店主として、客の信頼を得ることができた。

この3つの柱を軸に、〝鎌倉シャツ〟の成功の軌跡を振り返る――。

著者

玉置 美智子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る