作品紹介

「のど自慢」「ふるさと歌まつり」「紅白歌合戦」の名司会で日本中を熱狂させた、昭和を代表するアナウンサー、宮田輝。だが、なぜか評伝らしきもが書かれたことがなかった。田中角栄に口説かれ、NHKを定年前に退職して、参議院議員になったことがその理由なのか? それとも……。本書は未亡人の恵美さんに信頼された筆者が、宮田家から膨大な資料の提供を受け、初めて挑んだ本格評伝。宮田が歩んだ道のりは、まさに昭和の日本そのもの。数々の番組の裏話や著名人のインタビューもあって、エンターテインメントとしても楽しめる1冊。みのもんた氏など他局の後輩アナウンサーの目標ともなった宮田の司会術の奥義も面白い。古き良き昭和を切り取った力作。

担当編集者より
宮田輝ほどの人物なら評伝の1冊や2冊は出ているものと思っていましたが、それがない、というのがまず驚きました。事情は本書を読んでいただきたいのですが、司会者というものがどうやって成立していったのか、テレビというものがどうやって発展していったのかなど、宮田輝を通じて学ぶところもたくさんありました。彼は昭和そのものだったように思います。
目次
序 章 宮田輝伝説
    宮田輝というアナウンサーがいた/放送事始/人を照らす/「宮田輝」伝説

第一章 宮田家の人々 
    宮田邸訪問/父と息子、息子と母/明治大学/アナウンサーへの道のり

第二章 太平洋戦争前後
    戦時下のアナウンサー/名古屋中央放送局/内幸町/放送の民主化/ライバル

第三章 縁(えにし)
    河口恵美との出会い/四畳半/和田信賢/もう一人の恩師

第四章 ラジオメディアの時代
    「のど自慢」/発見!「のど自慢」司会の極意/サブちゃんの「のど自慢」/「三つの歌」/主役たち/角さんと「三つの歌」

第五章 テレビジョンに挑む
    「紅白歌合戦」/これが「ふるさとの歌まつり」/「歌まつり」の舞台裏/「ふるさとの歌まつり」の時代

第六章 人間 宮田輝
     司会者 宮田輝/人間 宮田輝/宮田輝と仲間たち/輝の夢は恵美の夢/あるディレクターの回想/龍虎相搏つ

第七章 十六年はひと昔
     突然の船出/「巨大な力と人身御供」/輝さんの本音/新たな二人三脚

第八章 参議院議員 宮田輝
     国会の大舞台/昭和記念公園/六百三十一番目の男/参議院議員、輝さんの横顔

第九章 祭りのあと
     輝さんと恵美さん/河口恵美/輝さんと河口慧海/残照の日々/愚直の人

 あとがき

 宮田輝関連年表

著者

古谷 敏郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る