電子書籍

少女が最後に見た蛍

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2023年11月15日
ジャンルエンタメ・ミステリ

大好評の<仲田シリーズ>第4弾!

最高にエモーショナルな社会派本格ミステリ


「警察官になったのは、あの子の自殺に責任を感じてるから?」


未成年による事件を次々と解決に導く敏腕女性捜査員の心には
かつて、唯一救うことのできなかった少女が深い影を落としていた――


仲田の知られざる過去に迫る
大好評 <仲田シリーズ>第4弾連作集


あらすじ
 神奈川県警生活安全課の仲田蛍(なかたほたる)は、中学時代の同級生・来栖楓(くるす・かえで)と思いがけず再会する。来栖は当時、桐山蛍子(きりやま・けいこ)という同級生をいじめており、仲田は蛍子を楓から守ろうと手を尽くしていた。しかし、いじめを終わらせることはできず、かえって桐山を傷つけてしまい、最後は自殺してしまったのだった。
 事の次第を聞いた捜査一課の真壁は、自死の背後に仲田も知らない真相があるのではと感じて調べ始めると、意外な事実が浮かび上がり――(表題作)。

担当編集者より

 本屋大賞発掘本になったシリーズ第1弾『希望が死んだ夜に』、続く第2弾『あの子の殺人計画』、第3弾『陽だまりに至る病』と、未成年による数々の事件を、神奈川県警生活安全課少年係の仲田蛍が次々と解決していく社会派本格ミステリ、<仲田>シリーズの最新刊です。
 本作では、これまで同様、仲田と捜査一課の真壁巧が青少年による事件を見事に解決に導くのはもちろんですが、なんといってもハイライトは、仲田が警察官になるに至った過去を描いた表題作。
 ここでは、仲田の中学生時代にあった、知られざる悲劇的な事件がフィーチャーされ、それを契機に警察への道を進むことになった仲田と事件の渦中にいた親友との絆が、シリーズ史上最高にエモーショナルな筆致で描かれています。
 なぜ、仲田は身を削ってまで少年事件の解決に心血を注ぐのか⁉ ぜひ、ご注目ください。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

購入する

※外部サイトに飛びます

閉じる
ネット書店で購入
電子書籍

少女が最後に見た蛍

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2023年11月15日
ジャンルエンタメ・ミステリ
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
佐伯泰英特設サイト 文春文庫 50周年×「陰陽師0」「文春文庫 50th 時を超える名作フェア」 全国主要書店にて開催中! 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 吉永南央「紅雲町珈琲屋こよみシリーズ」特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト