作品紹介

美智子様が、女性たちの等身大モデルだった!

そのテニス・スタイル、そしてロイヤル・ファッション。若き日の美智子様のあざやかなイメージが戦後の「大衆天皇制」を決定づけるまで

担当編集者より
テニスコートの出会い、聖心女子大卒の才媛、162センチ、52キロ、87—61—92という均整のとれたスタイル。『ニューズ・ウィーク』誌で「完全な芸術品」と紹介された「平民」正田美智子さんは、昭和33年から「ご成婚ブーム」「ミッチー・ブーム」の主役となり、女性たちの等身大モデルになりました。戦後の日本人の意識と皇室観を変えてしまった一人の女性のあざやかな出現を、当時の報道からたどり直し、その言動とファッションが日本人に与えたものが何だったのかを探り出します。(HH)

著者

石田 あゆう

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る