作品紹介

2019年5月1日、今上陛下の「生前退位」が決定し、年内にも新元号(歴史的には「年号」が正しい)が発表される見通しです。
しかし、そもそも元号とは、どのように決まるものなのでしょうか?
元号・皇室研究の第一人者である所功先生が、新書の読者に、その歴史から現在、そして今回の決定の予想されるプロセスまで、わかりやすく解説した決定版が本書です。
元号の歴史は、驚きに満ち溢れています。とくに、ひとつの元号が何度も候補になっては消え、候補になっては消えて、最終的にやっと採用されるなど、ひとつひとつの元号のドラマがあることもわかります。
たとえば、「平成」は幕末にも候補に挙がっていました。また、「明治」は十回目、「大正」は五回目でやっと採用されています。
さらに、天皇と元号の関係、藤原道長、足利義満、織田信長、徳川家康ら、時の権力者と元号のかかわりなどは、歴史のダイナミズムをよく表しています。
さらに、かつては震災、大火、戦乱なども理由として改元が行われたため、元号そのものが「歴史の節目」となっているのです。
昭和から平成への「元号決定」のドラマや、「安延」から「和暦」まで、歴代の「未採用年号」一覧も付けた、まさに決定版ならではの内容をお楽しみください。

担当編集者より
「元号」という東アジア独特の文化の面白さと、今日までそれを保ち続けている日本という国への思いで胸がいっぱいになります。子供の頃、戦国時代の年号の「元亀」を知って、「亀」って何? と思ったことなども懐かしく思い出すとともに、へぇ~そんな意味だったのかとうなずくことしきり。歴史の勉強より面白いというか、歴史そのものが元号であることがよくわかる1冊です。
目次
第一章 漢字文化圏の暦と年号
第二章 律令国家の成立と年号
第三章 平安期史の展開と年号
第四章 中世年号に見る正統争い
第五章 近世年号の見る公武合体
第六章 近代に確立した「一世一元」
第七章 戦後史上の「元号問題」
第八章 「平成」改元と新元号

付録1 日本年号の出典と考案者一覧
付録2 日本年号・干支・西暦の対比表

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る