作品紹介

玉三郎、勘三郎、海老蔵を通して描く歌舞伎現代史。

昭和の名優たちの「神々の黄昏」として始まった平成歌舞伎。歌右衛門が選んだ後継者は玉三郎だった。その玉三郎が、次の阿古屋を発見するまでの物語と並走する、勘三郎の歌舞伎の可能性への奮闘と、その断ち切られた未来。そして、悲劇を乗り越えて團十郎へと向かう海老蔵。

歌舞伎座では舞台に一緒に立つ機会がごくわずかしかなかった三人を、本の上で共演させた、ここにしかない、平成歌舞伎。

目次
【第一話】神々の黄昏
【第二話】二人阿古屋ーー歌右衛門から玉三郎
【第三話】勘九郎の国盗り物語
【第四話】若き獅子たちーー海老蔵と勘三郎
【第五話】歌舞伎座さよなら公演の向こう側
【第六話】澤瀉屋の「恩讐の彼方」
【第七話】三つの悲劇

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る