作品紹介

3K、高齢化など衰退産業の代名詞のようにみなされてきた日本の農業。就業人口はこの20年で半減、耕作放棄地も40万ヘクタールを超えている。
しかし、この農業がいま「未来産業」として注目されている。希少で高品質な産品に特化し、トップブランドを作り上げたり、最新テクノロジーを導入したり、大規模な「植物工場」を立ち上げたり、といったこれまでの常識を覆すやり方で成功をおさめているイノベーターたちが登場してきているのだ。
本書はそうした新しいリーダーたちを取り上げ、新ビジネスとしての農業を紹介する。

この記事の一部はNewsPicksに掲載され、大反響を呼んだ。
堀江貴文氏や経営学者の楠木建一橋大学大学院教授からも推奨のコメントが寄せられている。

堀江貴文氏「農業×テクノロジー、異質なものの掛け算からイノベーションは始まる」

楠木建一橋大学教授「地に足が着いた、素晴らしい仕事論だ」

仕事も人も面白い! 常識を覆す「ネクストファーマー」たち
・元エリート会計士が作る「究極のピーナッツバター」
・東大卒「畑に入らないマネージャー」が推進する500のカイゼン
・世界の一流シェフを魅了する「ハーブ農園」
・京都の自動化レタス工場が世界を席巻する日
・アマゾンより早い野菜流通革命
・女性「未利用資源オタク」が切り開く新エコシステム
・ITのパイオニアが挑む「日本農業を知的産業に」
・悪臭の出ないスーパー堆肥が農業を変える
・毎年完売する100グラム1万円の茶葉の秘密
・岡山の鬼才が生んだ奇跡の国産バナナ

目次
第一章 イノベーターたちの登場
・「世界一の落花生」で作る究極のピーナッツバター」
・4年で500のカイゼン 東大卒「畑に入らないマネージャー」
・世界のスターシェフを魅了するハーブ農園

第二章 生産・流通のシフトチェンジ
・世界が注目する京都のレタス工場
・農業界に新しいインフラを! 元金融マンが始める流通革命
・化粧品、卵、アロマ……休耕田から広がるエコシステム

第三章 常識を超えるスーパー技術
・ITのパイオニアが挑む「植物科学×テクノロジー」
・スーパー堆肥が農業を変える
・毎年完売! 100グラム1万円の茶葉
・岡山の鬼才が生んだ奇跡の国産バナナ

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る