電子書籍

マリファナも銃もバカもOKの国

USA語録3

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2017年10月06日
ジャンル随筆・エッセイ

「ハッパ(マリファナ)」のためにカウボーイとヒッピーが握手する国!?

政治からサブカルまで、アメリカのリアルについて語らせたら右に出るものはいない町山智浩氏が放つ、週刊文春人気連載「言霊USA」の単行本第3弾!
本書に収録されているのは、は2104年3月から2015年3月までの1年間に雑誌発表された文章。オバマ大統領がどんなに奮闘しても、水を指す言説や事件は次から次へと現れる。マリファナを守りたいヒッピーと、銃を死守したいカウボーイが、手を組んでオバマの邪魔をする。外から見れば愚行としか見えない事柄ばかりだが、某NBAチームのオーナー氏の言うとおり「この国では、バカでも許される」のだ。そんな「病める超大国」の現実を、アメリカに在住の町山氏が、内側からの視点で、批判しながら面白がり、怒りながら笑う。
この連載時の本文には、まだ「トランプ」という名前は出てこない。ところが、現在の詩T視点で読めば、この国はどうして「あの大統領」を選んでしまうに至るのか、その理由と過程が、なんともよく分かる仕組みになっている。これは恐るべき「予言の書」でもあるのだ(?)。
「ファップニング」はハリウッド女優のヌード写真流出、「インフォテインメント」は情報番組に娯楽を盛りすぎ、「イスラモフォビア」はイスラム教恐怖症、「キャットフィッシュ」はフェィスブックに別人の顔写真を使うなりすまし・・・。現地で生まれるおバカな新語、流行語、時の人の言行録をもとに、アメリカの「今」をメッタ斬り。澤井健氏のユーモア溢れるイラストも連載当時のまま完全収録。ジャーナリスト・津田大介氏の「町山愛」あふれる解説も必読です。

担当編集者より

単行本から文庫へのタイムラグは、むしろ町山智浩氏の「予知能力」を証明するために必要だったのでは、と思えるほど、この本に現れたアメリカの世相は、やがて「あの大統領を選んでしまう国」のリアルを伝えています。アメリカの中にいるからこそ分かる「空気感」といえるでしょう。現在、トランプの暴走はますます加速していますが、何故そんな大統領をまだアメリカ国民は支持するのか、それは「あの国は、ここんとこ、ずうっとこうだった」からなんです。今こそ読むべき「真のアメリカが分かる一冊」です。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

購入する

※外部サイトに飛びます

閉じる
ネット書店で購入
電子書籍

マリファナも銃もバカもOKの国

USA語録3

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2017年10月06日
ジャンル随筆・エッセイ
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 佐伯泰英特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用