作品紹介

「置かれた場所で咲きなさい」を自ら実践した、シスター・渡辺和子さんの自叙伝。
目の前で父を殺された少女は、人々の心に寄り添うシスターとなった――

2・26事件で、陸軍大将の父が目の前で銃殺されたのは9歳のとき。戦時下、母の猛反対を押し切り18歳で受洗。シスターとなった後、若くして大学の学長に抜擢されるも人間関係に悩み、うつ病や膠原病など試練の連続であった。しかし、自ら道を切り開き、生涯現役で教壇に立ち続けた。信仰と教育に身を捧げた波乱の人生の軌跡。

本書は、山陽新聞の朝刊の連載をまとめたものです。使命感からの重圧や病、老いと向き合いながら多難な時代を乗り越え、いつも人の心に寄り添いながら、生涯現役を貫く渡辺和子さんの人生を追った内容となっています。ノートルダム清心女子大学学報に掲載された、シスターご自身のエッセイ20本も併せて収録。
「神は決してあなたの力に余る試練は与えない」という、どんなに苦しいときでもキリストの言葉を信じて生きてきたシスターが紡ぐ言葉は、わたしたちが困難や悩みに直面したとき、人生の指針となる貴重なメッセージです。

◎シスターから、珠玉のメッセージ
・時間の使い方は、命の使い方
・あたりまえのことに心をこめて実行する。この世に雑用というものはない
・自分のわがままを抑えて、他人の喜びとなる生き方をする
・境遇を選ぶことはできなくても、生き方を選ぶことはできる
・かけがえのない今という瞬間を意識して生きる
・人間は辛いことを感謝に変える力を持っている
・何かにぶつかったとき、まず考え、次に感じ、しかる後に実行する

担当編集者より
昭和史に刻まれた2・26事件で、陸軍大将の父が目の前で銃殺されてしまったのは渡辺和子さんが9歳のとき。太平洋戦争中は母の猛反対を押し切ってカトリックの洗礼を受け、後にシスターとなりますが、若くして大学の学長に抜擢されるも人間関係に悩み、うつ病や膠原病になったりと、その生涯は試練の連続でした。しかし、渡辺さんは前向きに自らを奮い立たせ、人の心に寄り添うシスターとして多くの人々に慕われる存在となりました。多数の貴重な写真を交えながら、信仰と教育に身を捧げた波乱の人生をたどったのが本書です。渡辺さんご本人の貴重な随筆も併せて収録。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る