作品紹介

一丁の拳銃が人々の人生を変えていく!
名手が描く練達の連作短編集。

私は拳銃を構える。恐怖にひきつった顔を思い描くだけで、胸のもやもやが晴れていく――。久しぶりの同窓会で六本木から新宿・歌舞伎町に流れてきたものの、泥酔して友人たちとはぐれた主婦・織江。家出少女から一万円と引き換えに渡された包みの中身は一丁の拳銃だった! 
主婦も家出少女も、カラスに悩まされる新入社員や妻に逃げられた元警察官も――平凡な日常に倦んだ人々を魅了し狂わせるコルトの魔力とは?

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る