作品紹介

文春文庫×エブリスタ
第1回バディ小説大賞受賞作が電子書籍化!

文春文庫が小説投稿サイト「エブリスタ」とコラボして開催した「バディ小説大賞」。
「お仕事」をテーマとした第一回にはたくさんの応募が寄せられ、「BURNT OUT ROOM」が栄えある大賞を受賞した。
その受賞作が電子書籍として登場する。

【あらすじ】
40万人の人口を誇る東京都夕暮市。
棉苗上亮(わたなえじょうすけ)は夕暮消防署ではたらく現場ひとすじの消防士だ。
上亮は人知れず悩んでいた。一昨日、ジャワ・ハイツ203号室で起きた火事。
その現場で、要救助者を救うことができなかったことを――。

上亮はその火災現場を調査する警察に呼び出され、再びジャワ・ハイツを訪れる。
そこで上亮を待っていたのは、個性豊かな警察官の面々。
中でも群を抜いて奇抜なのは、VRのヘッドギアをつけて捜査する男。
「火事場の奇人(シャーロック)」の異名をとる天才刑事・穂村彗星だった。

事故として片付けられていた火災現場を不審がる彗星は言う。
「僕たちの仕事は実にシンプルだ」
「この焦げ付いた空間から、真実という名のダイヤモンドを拾い上げること」


熱血消防士×変人警察官!?
性格も考え方も正反対のふたりは、「真実という名のダイヤモンド」を見つけ出すことができるのか?

「作品としての個性があって、他作品からひとつ抜けていました。」
「ミステリーとしての構成も達者」
と選考委員から絶賛された、新世代のバディ小説の誕生。

著者

平田 駒

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る