作品紹介

第2回バディ小説大賞受賞作が電子書籍化!
ユートピアともディストピアともつかない近未来のイメージが鮮烈なSF小説。

文春文庫が小説投稿サイト「エブリスタ」とコラボして開催した「バディ小説大賞」。
「ロケーション」をテーマとした第2回を制したのは、瑞々しい感性で近未来社会を描き、その中で芸術の在り方を追究したSF&美術小説。

新時代を予感させる大型新人の出現です!

【あらすじ】
前方性健忘で記憶が1日しかもたない美術商の有栖と、その助手でやはりある時期以前の記憶失った少女・キリ。
しかもキリは透明人間で、初対面の人間には見えないらしい。

この奇妙なバディが生きるのは、ある日、突然世界中の都市から大量の人間が消失した〈ドゥームズ・デイ〉後の世界だった。

廃墟のようになった街で暮らす人間たちは、わずかな例外を除いて、頭蓋骨の額の部分の裏側に埋め込まれたSmartTagと呼ばれるチップによって脳とネットワークが直接接続され、管理されている。有栖はSmartTagを入れていない例外的人間、〈ブルーイリス〉だった。

二人は有栖が求める美術作品とアーティストを捜し、世界を旅するのだった――。

著者

倉院 小夜

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る