作品紹介

悲しみを芸術せよと師の曰くこの底知れぬ我が悲しみを

うつ病の妻が自ら命を絶って4年、後悔と悲しみの気持ちは薄れることなく追憶の思いも変わらない。妻への愛惜の念が溢れた短歌エッセイ

担当編集者より
うつ病で9年間闘病したのち自死を選んだ妻・美紗子への思いを吐き出した『歌集・美紗子抄』を上梓した後、生きがいを失くしてしまった著者の心に湧き上がって来るのはやはり亡妻への思い。どこでも亡妻の姿を求め、いつでも考えるのは妻との思い出……。『うつ病の妻と共に』『歌集 美紗子抄』に続き、亡妻への追憶の中にどっぷり漬かって生きている著者の思いの丈を短歌とエッセイで綴った第2弾。
商品情報
書名(カナ) ウツビョウノツマヲイタンデ ウタガタリカナシミノゲイジュツ
ページ数 168ページ
判型・造本・装丁 B6判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年05月29日
ISBN 978-4-16-008721-7
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る