作品紹介

――「日本の空を自由に飛ぶことが、いまだにできないのです」
戦後の〝空の主権〟奪還を描く表題作ほか、成田管制塔占拠事件、日航機墜落事故など、元航空管制官が実体験に基づき綴る小説・航空管制昭和史

戦前の日本には、航空管制というシステムはまったく存在していなかった。戦争中の日本の軍隊では、まず朝起きると、空を見たという。そして曇っていたり雨が降っていたら「今日は駄目だ」と航空機の手入れだけで、その日一日は終わっていたらしい。……そうした日本の前近代的な航空常識の土壌に加えて、戦後の日本の場合、さらに悪条件が重なった。
それは「航空禁止令」という、日本の憲法に優先する占領軍司令であった。……終戦の年の十二月三十一日を限りに、日本における一切の「航空活動」を禁止したものであった。
(「あの空を取り返せ!」より)

商品情報
書名(カナ) アノソラヲトリカエセ アルコウクウカンセイカンノアユンダセンゴ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2015年10月16日
ISBN 978-4-16-008844-3
Cコード 0093

著者

松田 更一

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る