単行本 企画出版

銀色の記憶

1,320 (税込)
発売日2017年07月14日
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) ギンイロノキオク
ページ数 136ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2017年07月14日
ISBN 978-4-16-008903-7
Cコード 0093

少年の日の朝、樺太の無限の青空に見えた輝き

少年の日の朝、樺太の無限の青空に見えた輝き――

中学1年生で終戦を迎えた昭が、多感な少年期に戦時下の樺太で体感した、生と死の鮮烈なコントラストを描く秀作中編

一機。銀色の胴体と翼が真上の空を滑ってゆく。単発の戦闘機。かなりの低空飛行だ。澄んだ青空に爆音をとどろかせて、手を伸ばせばとどきそうなところを飛んでいる。その姿を見てからだ中がふるえた。(「飛行機がゆく」より)

——あと二、三年すると、ぼくも兵士になっているんだろうか。(本文より)
軍用機の新しい燃料である松根油を製造する工場が山中の台地に建設されることになり、中学一年生になった昭のクラスに勤労動員が発令された。しかし、そこには街での極度に緊張した生活からはほど遠い解放感があった。まだ樺太の空に敵機は現れなかった。
昭和20年に入り、戦況はいよいよ厳しい局面を迎える。やがて迎える停戦後もソ連軍の侵攻は止まなかった。急速に南下してくるソ連軍から逃れるため、父を除く昭の家族は、大泊港から稚内、小樽へ向かう緊急避難者のための輸送船に乗り込む。昭は父から家族の無事を託された。
戦禍に翻弄された少年の物語をリアルな情景描写で描く。

著者

樺島 昌夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
単行本 企画出版

銀色の記憶

1,320 (税込)
発売日2017年07月14日
発行文藝春秋企画出版部
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) ギンイロノキオク
ページ数 136ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2017年07月14日
ISBN 978-4-16-008903-7
Cコード 0093
書店在庫

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
文春文庫 50周年×「陰陽師0」「文春文庫 50th 時を超える名作フェア」 全国主要書店にて開催中! 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 佐伯泰英特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 吉永南央「紅雲町珈琲屋こよみシリーズ」特設サイト