作品紹介

源家三代での滅亡と北条家隆盛の真実――

源頼朝の妻として、頼家・実朝の母として、源氏を支え続けた稀代の女性・北条政子を通して描く中編歴史小説。鎌倉三部作シリーズ

■平氏討伐の功臣、源義経と源範頼はなぜ討たれたのか。
■二代将軍源頼家は本当に傍若無人な独裁者であったのか。
■鎌倉幕府創設期の重臣、梶原景時、比企能員、和田義盛はなぜ滅ぼされたのか。
■北条政子はなぜ初代執権である父時政を追放し、二代執権の義時に注意を怠らなかったのか。
■三代将軍源実朝が公暁に暗殺された後、後鳥羽上皇による承久の変をいかにして治めたのか。

目次
第一 頼朝と政子
第二 政子ひとり
商品情報
書名(カナ) ヨリトモトマサコ
ページ数 260ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2018年05月22日
ISBN 978-4-16-008926-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る