作品紹介

「わが国の民法起草について助言してほしい」

ベトナム司法大臣のこの一言が、全ての始まりだった――。

ダムや橋を作ることばかりが途上国支援ではない。相手国の歴史や文化を尊重して、その国に合った「法づくり」を支援する……1996年、ベトナムでの民法起草を皮切りに、JICA(国際協力機構)は、明治維新で外国の法制度に学んだ経験を有する日本ならではのユニークな方法で、途上国の「法づくり」を支援してきた。

外国人に対する警戒心、法律用語の理解の違いによりかみ合わない議論……幾多の困難を乗り越え、自国の人々のための法律を作ろうとする途上国の人たちと、彼らを支えた日本の法律のエキスパート達の、ひたむきな努力、悩み、葛藤、そしてチャレンジの記録。

今や日本のODAの大きな柱の一つにまで成長した法整備支援。その20年間の活動の集大成として、日本をはじめベトナム、カンボジア、ラオスなど、支援にかかわった多くの人々のインタビューをもとにまとめられた、国際協力に関心のある人、法律家を志す学生にとって必携の書。

目次
第1章 ベトナムから始まった日本の法整備支援
第2章 平和を支える礎づくり――カンボジア
第3章 全ては人を育てるために――ラオス
第4章 支援の拡がりと新たな支援分野への挑戦
第5章 これからの法整備支援
商品情報
書名(カナ) セカイヲカエルニホンシキホウヅクリ トジョウコクトトモニアユムホウセイビシエン
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 A5判 並製カバー装
初版奥付日 2018年06月12日
ISBN 978-4-16-008927-3
Cコード 0032

著者

独立行政法人国際協力機構

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る