作品紹介

ゆとり教育は怪しい。アクティブ・ラーニングがいい…。百家争鳴の教育の現場です。しかし、著者の教育信条にゆらぎはありません。シンプルに2つです。ひとつは、「理論はいつも正しい。しかし、現実(教師や生徒の生活実態)には適合しない。正しい実践などというものはない。だが、教師と生徒の出会いの質によって人間を変えることがある」。もうひとつは「生徒に合わせなければ教育にはならない。生徒に合わせると教育ではなくなる。ここが教師の正念場だ」。永年、教育現場に立ち続けてきた著者ならではの実体験に基づく論考の数々。著者は、「これが最後の著作になってもいい。これだけは言い残しておきたい」という思いで執筆。触れれば、火花散る気迫の教育論集です。

担当編集者より
不登校、学力低下、非行、校内暴力…。著者は埼玉県内の公立学校で永く教師として、生徒がかかえる問題に積極的にアプローチし、解決に力を注いできました。徹底した現場主義。現場を基点とする提言のかずかす。「プロ教師の会」の名誉会長。プロ=本当の職人が見当たらなくなった昨今、プロ魂みなぎる快著です。
目次
1章 子どもはどう自己を確立するか 見田宗介『まなざしの地獄』(永山則夫事件)をめぐって
2章 教師の権力性―教育の政治化は正しいか 東大教授・小玉重夫さんと「プロ教師の会」の教師論の順接点と反発点
3章 カリスマ国語教師 堀裕嗣さんの国文的感性を問う 『スクールカーストの正体』の諏訪哲二批判への返答
4章 世界の中心は「私」である
5章 日本の知的劣化と反知性主義
商品情報
書名(カナ) スワテツジ サイゴノサンバンショウブ
ページ数 212ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2018年07月19日
ISBN 978-4-16-008930-3
Cコード 0095

著者

諏訪 哲二

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る