作品紹介

傘寿をむかえて、ますます好奇心旺盛。森羅万象に興味をもたれ、持ち前の行動力と好奇心で、これは!と狙った対象に臨みます。出色は、地元・前橋での上野千鶴子さんの講演会の巻でしょうか。質問時間に、聴衆のひとり(残念ながら、著者ではありません)が立ち上がりました。「何故、結婚なさらなかったのですか。何故、お子さんを作らなかったのですか」。上野さんは、演台の原稿に目を落としたまま、動かなかったそうです。著者によれば、ことばを失ってらっしゃったように見えた。そして、おもむろに返したことばとは…。理知的で軽快な文章。熟練の筆致をおたのしみください。

担当編集者より
著者はながく前橋市、横浜市で小学校で教職に就かれていました。十二年前、夫を癌でなくされて、突然に「おひとりさま」になってしまいました。しかし、これでくじける著者ではありません。傘寿を迎えられて、ますます才気煥発。快活で明朗。エッセイ執筆、ウクレレの手習い、各種のセミナーの受講…と日々、大忙し。変だ、おかしいとおもえば、徹底的にリサーチを開始。こういうお年の取り方をしたいものです。「上州の佐藤愛子さん」の誕生と言っても過言ではありません。
目次
第一章 歩んできた道
第二章 おおそれながら
第三章 教職に在った日々
第四章 暮し、あれこれ
第五章 ことばの森で
商品情報
書名(カナ) ジユウカコドクカオヒトリサマハ サンジュカラノオスソワケ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製カバー装
初版奥付日 2018年09月20日
ISBN 978-4-16-008935-8
Cコード 0095

著者

須川 俊江

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る