作品紹介

楽しく、苦しまずに天国への途?

持病の糖尿病と闘いながら、突然の膀胱がんを克服した耳鼻科医のエッセイ集。人生を楽しく、満ち足りた日々を過ごそう!

▼本文より
これはさておき、明日の命は誰にもわからない。人生思うようにはいかないことは百も承知で、このような文章を書いている。人はやりたいことがなくなったら、つまらなくなり、生き甲斐を失くす。そうなったらきっと、死ぬことは怖くなくなるような気がする。
私は天国の存在をかたく信じている。一昨年、紺碧の空のもと、ヒマラヤ山脈を遊覧飛行し、天空に聳【そび】え立つエベレスト山頂を眺めたとき、それを確信した。おそらく雲の上にはテニスコートもあるだろう……。
私が灰に化したあと、家族の者がこの文を読んで「思うようにはいかなかったねえ。でも、ゆかいでおもしろいオヤジだったねえ」と笑ってくれたら本望である。

担当編集者より
真摯でやさしく、ときにユーモアで人を笑わせる著者は、町の名医として多くの患者さんの信頼を得てきたことと思います。本書は、闘病にふれた自伝的エッセイ、専門の耳鼻咽喉科の立場から書かれた話など、読み手を飽きさせない語り口で綴られます。たくさんの病気も何のその、とても前向きな姿勢からは生き方について多くのことを学べます。
目次
Ⅰ章 よくぞここまで来たもんだ――人工膀胱ぶら下げて二十八年
1 人生の最終章 八十歳の感慨に耽(ふけ)る
2 足跡三十年――上京から五十歳まで
3 がん、糖尿病より怖い認知症
4 「縁」と「運」
5 わがテニスライフ
Ⅱ章 体のこと――町の耳鼻科医のつぶやき
1 楽しく、苦しまずに天国への途?
2 妻の「頑固な腰痛」を考える3
3 この百年の「がん治療」に思う
4 小児心因性難聴――この奇妙な病気
5 神サマを切る
6〝におい〟鈍くなっていませんか
7 甘いキッスの味は?
Ⅲ章 旅がらす
1 旅がらすのつぶやき
2 昔の栄華いまいずこ
3 四川省の五つの世界遺産
4 再びナスカの地上絵に想いを馳せる
5 スリランカ六大世界遺産探訪
6 インドネシア幻想譚
7 百六十歳、モロッコ二人旅
8 ネパールの天国と地獄
9 タクラマカン砂漠横断の旅
10 超晴れ男伝説
11 私が惚れた箱根の宿――和心亭〝豊月〟
Ⅳ章 わが周辺のことども
1 後期高齢者運転免許講習会の一部始終
2 仕舞い支度あれこれ
3 一枚の色紙から
4 『前畑秀子生誕百年展』見聞記
5 最近、いちばん心に残ったテレビ番組
6 『王羲之から空海へ』展への誘い
7 「ラスコー洞窟」展に潜る
8 人類の遺産――大英自然博物館への招待
9 わが医師会新聞「調心記」のこと
商品情報
書名(カナ) ガンイマダサイハツセズ ゾクイシャノダイヨウジョウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2018年10月31日
ISBN 978-4-16-008940-2
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る