作品紹介

著者は今年満90歳の、日本における英文学研究の泰斗です。約40年にわたり東北大学や宮城学院女子大学で研究と教育に携わり、日本英文学会監事や東北英文学会会長も務めました。多くの優れた英文学研究者が、著者の指導を受け世に送り出されました。研究のフィールドは一貫して十八世紀英文学で、本書は、そうした著者の主要研究論文を網羅した、いわば生涯をかけた研究の集大成です。実は本書は、本年6月、私家版として小社から刊行され、限られた読者にのみ配布されたのですが、英文学研究者の間で購入希望が相次ぎ、それに応えるために、装いも新たに「新版」として市販されることになりました。教え子の一人のある大学名誉教授は、教え子という立場を離れても、近年あまた刊行された英文学研究書で五指に入る本、と絶賛しています。タイトルにある「啓蒙」という言葉について著者は「はしがき」で「新しい知識を与え、人の無知を開くという意味であるが、思想史的には西欧諸国で十七世紀末から十八世紀初頭にかけて起こった、中世以来の旧弊や因襲を打破し革新的理性を尊重する運動を表わす」と解説しています。つまり、本書において「啓蒙」という語は、十八世紀の思想や文学を示す言葉として用いられています。本書は大きく3部に分かれており、第1部は「十八世紀英文学」。十八世紀に活躍した英国の文学者や思想家を取り上げ、英国の十八世紀がどのような時代であったのかを明らかにします。第2部は「漱石研究」。言うまでもなく夏目漱石は、小説家となる前は、日本人初の英文学講座担当の帝大教授になっていたかもしれない優れた英文学者でした。英国に留学した漱石は、さまざまな英文学論を残しており、著者はそこから漱石が見た英国を論じます。第3部は「土居先生追想」。著者の恩師である土居光知先生への心のこもったオマージュです。英文学研究の深さ・面白さが味わえる、きわめて良質な研究書をどうかご堪能ください。

担当編集者より
著者は今年90歳の日本における英文学研究の泰斗で、長く東北大学等で教鞭をとり、生涯の研究テーマは十八世紀英文学。本書はその研究の集大成と言えます。本年6月、私家版として刊行されたのですが、購入希望が相次いだため「新版」として市販されることに。タイトルの「啓蒙」は十八世紀西欧の思想や文学を示すキーワードで、当時の文学を通して、また英文学者としての漱石を通して、英国の十八世紀がどのような時代であったのかを明らかにします。英文学研究の深さ・面白さが堪能できる、きわめて良質な研究書です。
目次
はしがき
第1部 十八世紀英文学
バートンと日本
ウィリアム・テムプルの中国観
ハリファックスの中道主義
ポープとバブル
『人間の願望の空しさ』――ポープに倣いて
『トリストラム・シャンディ』の二重構造
『トリストラム・シャンディ』における話中頓絶法
メイナード・マックのポープ学
十八世紀イギリス叙景詩
「自由」と「詩歌の進歩」
イギリス文学におけるパロキアリズム
エクセントリックなイギリス人
第2部 漱石研究
漱石のポープ論
漱石のポープ像
漱石とスウィフト―開化の中の厭世主義者
「反時代的考察」としての『文学評論』
諷刺家夏目漱石―『吾輩は猫である』を中心として―
倫敦日記・消息に見る漱石の英国観
漱石とジョンソンの「学者論」
英文学者夏目漱石の軌跡
Soseki on English Gardening
第3部 土居先生追想
土居光知先生の事ども
あとがき 戦争に翻弄された一青年の小伝
商品情報
書名(カナ) シンパンケイモウノモリ ジュウハチセイキエイブンガクロン
ページ数 456ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2021年11月10日
ISBN 978-4-16-009012-5
Cコード 0098

著者

鈴木 善三

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る