作品紹介

「ドクター・ソフィアのような医師に診てもらえる患者さんは何と幸せだろう」手嶋龍一(作家、外交ジャーナリスト)
石川県小松市で「すべてを患者さんのために」という思いで病院を設立した現役生活55年の消化器内科医である著者が半生を振り返りながら、自身ががんになって感じたこと、若い医師たちに伝えたいことを語る。
「自分ががんになって、患者さんは何を考え、何を欲し、どんな不安を抱えているのか、手に取るように理解できるようになりました」(本文より)

目次
はじめに
第一部 小松ソフィア病院への道
第一章 がんになって
第二章 わが町小松
第三章 下宿生活の学生時代
第四章 金沢大学医局時代、そして再び東京へ
第五章 金沢大学に復帰し、日本初のインターフェロンを投与
第六章 父の病院を継ぐ
第七章 小松ソフィア病院開業への道

第二部 ドクター・ソフィアから次世代への伝言
第一章 「狐狸庵先生」との出会い
第二章 哀しき思い出
第三章 心の友たち、わが交遊録
第四章 篠笛とパステル画
第五章 好きな言葉、歌、食
第六章 宝塚歌劇団の魅力
第七章 笑いと健康法
第八章 金沢大学第一内科同窓会長
第九章 夢の構想
第十章 若き医師たちへ
年譜
論文リスト
エピローグ
解説(手嶋龍一)
商品情報
書名(カナ) ソフィアノカゼニノッテ スイゾウガンニナッタショウカキナイカイノカイソウ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製カバー装
初版奥付日 2022年04月26日
ISBN 978-4-16-009020-0
Cコード 0095

著者

加登 康洋

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る