作品紹介

昭和11(1936)年に島根県のとある海辺の農村に生まれた著者は、戦中・戦後の混乱期、故郷の里山や浜辺をかけめぐり、友達との遊びに熱中し、貧しいながらも、大人たちに温かく見守られながら育ちました。父や兄の出征や、父親に連れられての夜通しのイカ漁なども経験します。そして、高校卒業後、大阪に出て、ある大きな会社のサラリーマンとなり、実社会へと足を踏み入れます。時は、神武景気から始まる高度経済成長期のとば口。都会での生活に面喰らいながら、一生懸命に働きます。月賦で背広を買うことも覚え、赤提灯の楽しさも知ります。やがて結婚、子供ももうけ、仕事に習熟するにつれサラリーもあがり、中間管理職となり、北陸の支社を任されるようになり……と仕事の階段を上がっていきます。いわば著者は、田舎から都会に出て来て就職し高度経済成長期を経験した、ごくごく平均的なサラリーマンだったと言えるでしょう。本書は、その「ごくごく平凡なサラリーマン」の人生の記録ですが、その記憶は、当時の給料の額、背広の値段、赤提灯での酔客の姿、夜行寝台特急の名前や到着時間など、まことに詳細かつ具体的です。当時大人だった人たちなら「ああ、そうだった!」とうなづくことでしょうし、当時子供だった人たちなら「親はそうして暮らしていたなあ」と感慨を覚えることでしょう。本書は多くの人たちにとって、そうした「どこか共感をさそう」本だと言えます。今年86歳の著者は、故郷の海底で世の移り変わりを眺めてきたであろう「さざえ」の口を借りて、来し方行く末の感慨をつぶやきます。まことに滋味あふれる自伝エッセイです。

担当編集者より
島根県の海辺の村に生まれ、戦中・戦後の混乱期を故郷で育った著者は、高校卒業後、大阪に出て、ある企業に就職します。時は高度経済成長期のとば口。懸命に働き、月賦で背広を買い、赤提灯を楽しみ、結婚して子供ももうけ、中間管理職となり……と仕事の階段を上がっていきます。本書はそうした、田舎から都会に出て来て高度経済成長期を経験した「ごく平凡なサラリーマン」の人生の記録です。物の値段から世相まで、その回想は鮮明にして具体的、多くの人が「みんなああして生きて来たなあ」と、共感を覚えることでしょう。
目次
はじめに
1 ふるさとの歴史
石見国
国府の開設
官道の整備
廃藩置県に至るまで
2 子供の頃の私とわが家
紀元二千六百年
養蚕
近所のお兄ちゃん
地引き網
青大将
母と二人
下関への旅
穢れ落とし
川岸の風物
命拾い
兄も父も兵隊さんに
小学校の運動場と大火鉢
ある失態
閲兵分列行進
回虫
桑の皮剝ぎ
浜辺の生き物
水上飛行機
弁当屋さん
終戦
延縄漁で鯖の大漁
戦後の教科書
進駐軍
子供時代を要約すれば
3 四季の中の遊び
正月
雀獲り
兎獲り
雪の朝
麦踏み
雀撃ち
初午祭
川の魚
ひばり
麦叩き
水泳
カキ漁
いか釣り
セミ

クモの格闘
虫の合奏
とんぼ

4 社会人への第一歩
それぞれの進路
高校入学
就職試験
新しいコート
入寮
初出社
初めての電話
部屋の相方
歓迎会
マージャン
ホームシック
靴と夏服
初任給
背広
工場での研修
5 高度経済成長のもとで
相次いだ病気
もはや戦後ではない
プロの仕事
社員旅行
立ち飲み屋
地下鉄回数券
”文明の衝突”
寝台列車
父、危篤
昇給
結婚
経済成長を振り返る
6 北陸時代
出産、五輪、新幹線
二四時間スト
営業職へ
富山への転勤
社宅暮らし
営業車
雪道での脱輪
雪降ろし
新規ユーザー開拓
今度は金沢へ
多忙な一昼夜
7 永住の地、名古屋へ
オイル・ショック
日当たりのいい地へ
「家を買おう」
地名の由来
新生名東区
それからの日々
おわりに
主な参考資料
商品情報
書名(カナ) サザエノツブヤキ
ページ数 176ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製カバー装
初版奥付日 2022年08月04日
ISBN 978-4-16-009028-6
Cコード 0095

著者

石見川 栄

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

映画・テレビ化情報一覧を見る